過去映画祭出品一覧 過去映画祭出品一覧 2021年2月20日(土)シアター・イメージフォーラムにて公開ほか全国順次公開 世界は、日本は、原発から出る「核のごみ」をどうやって処分するのか。ひとりの著名な科学者がこの問題と正面から向き合う旅に出る― 世界は、日本は、原発から出る「核のごみ」をどうやって処分するのか。ひとりの著名な科学者がこの問題と正面から向き合う旅に出る― エドガー・ハーゲン監督作品 出演:チャールズ・マッコンビー 製作:ミラ・フィルム 2013年|スイス|英語・ドイツ語・中国語・日本語|100分|DCP|カラー 後援:在日スイス大使館 日本語字幕:平井かおり 宣伝美術:及川恵子 配給:きろくびと エドガー・ハーゲン監督作品 出演:チャールズ・マッコンビー 製作:ミラ・フィルム 2013年|スイス|英語・ドイツ語・中国語・日本語|100分|DCP|カラー 後援:在日スイス大使館 日本語字幕:平井かおり 宣伝美術:及川恵子 配給:きろくびと

2021年2月20日(土)シアター・イメージフォーラムにて公開ほか全国順次公開

予告編

trailerBk_sp

ストーリー

”核のごみ”を捨てる場所は⾒つかるのか?
原発推進論者の科学者と反原発の映画監督が
”世界⼀安全な場所”を探す旅に出る――

この60年間で、⾼レベル核廃棄物35万トン以上が世界で蓄積された。
それらの廃棄物は数千年にわたって、⼈間や環境に害を与えない安全な場所に保管する必要がある。しかし、そのような施設がまだ作られていないにも関わらず核廃棄物、いわゆる”核のごみ”は増え続けている。
そんな中、英国出⾝でスイス在住の核物理学者で、国際的に廃棄物貯蔵問題専⾨家としても⾼名なチャールズ・マッコンビーがこの問題を解決するため、世界各地の同胞たちと問題に取り組む姿をスイス⼈のエドガー・ハーゲン監督が撮影。2⼈はアメリカ・ユッカマウンテン、英国・セラフィールド、中国・ゴビ砂漠、⻘森県六ヶ所村、スウェーデン、スイスなど世界各地の最終処分場やその候補地を巡る旅に出る。
果たして、世界に10万年後も安全な"楽園"を探すことはできるのか―。

trailerBk_sp

⽇本でも最終処分場候補地に北海道の2町村が名乗りを上げる中、いま必⾒のドキュメンタリー

54基の原発を抱える⽇本では2020年、北海道の寿都町と神恵内村が最終処分場の候補地として⼿を挙げ、11⽉から⽂献調査が開始された。2007年に⾼知県東洋町が⽴候補したが⽩紙撤回だったため、実質的に今回が全国で初めてとなる。
科学者・専⾨家たちの理想とする提案に突きつけられる現実、現地住⺠の反対。これまで候補となった⼟地で起きた様々な状況を彼らと世界を巡りながら⽬にする。
原発推進・反対派であれ避けては通れないこの問題を、未来への負の遺産としないために正⾯から向き合う本作は、いままさに必⾒の作品である。

映画祭出品歴 2013年 ドイツ・DOKライプチヒ国際映画祭正式出品 2014年 フィンランド・DocPointヘルシンキ国際ドキュメンタリー映画祭正式出品 2014年 ギリシャ・テッサロニキドキュメンタリー映画祭正式出品 2014年 カナダ・DOXAドキュメンタリー映画祭正式出品 2014年 ポーランド・Planete+ Doc 映画祭正式出品 2014年 デンマーク・コペンハーゲン国際ドキュメンタリー映画祭正式出品 等
trailerBk_sp
プールの中の高レベル廃棄物

⽇本の”核のごみ”事情

国内に54基を抱える原発⼤国でもある⽇本では2020年、北海道の寿都町と神恵内村が最終処分場の候補地として名乗りを上げ、11⽉から⽂献調査が開始された。2007年に⾼知県東洋町が⼿を挙げ⽂献調査に関して認可も出されていたが、調査が⾏われないまま反対の動きなどを受け⽩紙撤回されたため、実質的には今回の⽂献調査が全国で初めてとなる。

2020年3⽉時点で全国の原発や六ヶ所村の再処理⼯場で貯蔵されている使⽤済み核燃料は1万9千トンに上り、全保管容量の8割近くに達している。またその使⽤済燃料を再処理したあとに残る⾼レベル放射性廃棄物はガラス固化体で2900本近く存在している。

これまで⽇本では原発で使い終えた燃料(使⽤済み燃料)から再利⽤可能なプルトニウムやウランを取り出して(再処理)、MOX 燃料に加⼯し、もう⼀度発電に利⽤、さらには燃料のプルトニウムも⾼速増殖炉(もんじゅ)で増やす「核燃料サイクル」を⽬指していたが、
1993年に着⼯した六ヶ所村の再処理⼯場は2006年の試験開始後もたびたび不具合や事故を繰り返しいまだい竣⼯できておらず、福井県敦賀市のもんじゅも1985年から1兆円を超す税⾦が投じられながら、2016年12⽉に廃炉が決まるなど”夢のサイクル”は破綻状態で、使⽤済み燃料⾃体の処理が問題になっている。

映画に出てくる、主な処分予定地・候補地

主な処分予定地・候補地マップ
英国・セラフィールド
再処理⼯場
スイス・フェルゼナウ(石膏の鉱山)
最終処分場候補地
スイス・ベンケン
最終処分場候補地
ドイツ・ゴアベーレン
最終処分場候補地
スウェーデン・エストハンマル フォルスマルク
最終処分場候補地
中国・⽢粛省ゴビ砂漠(花崗岩の岩盤)
最終処分場候補地
⽇本・⻘森県六ヶ所村
再処理⼯場
オーストラリア・オフィサー盆地(世界で有数の平らな地域)
最終処分場候補地
アメリカ・ハンフォードサイト
核施設群
アメリカ・ユッカマウンテン(ネバダ核実験場に隣接、汚染地域)
放射性廃棄物処理場
trailerBk_sp

主な登場⼈物

  • チャールズ・マッコンビー

    チャールズ・マッコンビー

    Charles McCombie

    1945 年スコットランド⽣まれ。核物理学者で筋⾦⼊りの原⼦⼒⽀持者。
    過去35年間、⾼レベル放射性廃棄物の最終処分場の場所を決めるために世界中の専⾨家と協⼒してきた。平和と繁栄のためには原⼦⼒の商業利⽤が⽋かせないと確信している。
    1978年から1999年にわたり、スイスの放射性廃棄物管理共同組合(NAGRA)で⾼レベル放射性廃棄物処分計画を策定。90年代半ばには、8年間⽶国科学アカデミーで放射性廃棄物処分委員会に在籍した。その後は、スイスのバーデンに所在するArius(地域および国際地層処分協会)の代表として、ヨーロッパ、アフリカ、アジア、南⽶で多国籍の処分計画を⽴ち上げ、⽇本のNUMO(原⼦⼒発電環境整備機構)の最終処分計画など、世界各国の処分計画に助⾔している。

  • マルコス・ブザー

    マルコス・ブザー

    Marcos Buser

    スイスの地質学者。国内におけるチャールズ・マッコンビーの強⼒な反対者。
    放射性廃棄物処理に関する独⽴した研究者で、1980年代からマッコンビーがスイスのNAGRAにおいて20年以上携わってきた処分計画における科学的側⾯と社会的側⾯の⽭盾を公然と批判してきた。2012年までスイスの原⼦⼒監督機関のメンバーを務めた。2012年には連邦原⼦⼒安全委員会(NSC)に抗議して同委員会を辞職。強硬な原⼦⼒反対派としては、処分場計画には反対しないが、原⼦⼒業界からの経済的制約をなくしてほしいと考えている。

  • グレッグ・バトラー

    グレッグ・バトラー

    Gregg Butler

    イギリスの原⼦⼒発電所の運営会社であった英国核燃料会社(BNFL)元副社⻑。セラフィールドの再処理施設のディレクター。当初イギリス国内での処分場⽤地探しに関わっていたが、計画は1997年に中⽌された。チャールズ・マッコンビーと協⼒して、オーストラリアに世界初の国際放射性廃棄物処分場を造ろうとしたが、世論の反対を受けて計画は1998年に頓挫。現在はチャールズ・マッコンビーと共にイギリスの放射性廃棄物処分計画のディレクターに助⾔している。

  • ラッセル・ジム

    ラッセル・ジム

    Russell Jim

    アメリカ・ワシントン州のヤカマ族環境回復廃棄物管理プログラムディレクター。
    ヤカマ族はどの⾃治体よりも⻑く放射能汚染と闘っている。彼らの⼟地にはハンフォード・サイトがあり、1943年以降そこで製造されたプルトニウムが最初の原⼦爆弾に使⽤された。サイトには 世界初の放射性廃棄物処分場の建設が予定されていた。25万年の間隔離される予定であったが、地質上の⽋陥と、ヤカマ族や環境保護活動家の反対により、処分場の計画は実現しなかった。

  • スティーブ・フリシュマン

    スティーブ・フリシュマン

    Steve Frishman

    ネバダ州政府の技術顧問。1987年以降ユッカマウンテン計画に反対してきた。計画ではネバダ州のユッカマウンテン内部に全⽶100か所以上の原⼦⼒発電所から出た⾼レベル放射性廃棄物を地層処分する予定であった。2010年にオバマ⼤統領はユッカマウンテンの開発を中⽌した。スティーブ・フリシュマンは、巨⼈のゴリアテと戦ったダビデのごとく、エネルギー省と原⼦⼒業界で働く2,000⼈の科学者を相⼿に闘った。

  • イアン・ザバルティ

    イアン・ザバルティ

    Ian Zabarte

    ウエスタン・ショショニ政府外相。これまで、ネバダ核実験場跡の端にあるユッカマウンテンはウエスタン・ショショニ族が所有していた。アメリカは1950年代に地上で119回、地下で1,000回の核実験を⾏ったが、実験は1992年に中⽌された。彼はウエスタン・ショショニ族を代表してユッカマウンテン放射性廃棄物処分場に反対しており、開発計画の中⽌が撤回され、再び処分場候補地に指定されることがないように活動を続けている。

  • デビッド・ペンツ

    デビッド・ペンツ

    David Pentz

    アメリカの地質学者・実業家。放射性廃棄物処分場として最も簡単で安価な候補地を世界中で探すパンゲア計画を⽴ち上げた。パンゲア計画のパートナーとして、チャールズ・マッコンビーとグレッグ・バトラーは、イギリスとスイスから事業に資⾦調達した。彼らの⽬標は、世界の⾼レベル放射性廃棄物のうち少なくとも20パーセントをオーストラリアに集めることだった。計画はオーストラリアの反対により1998年に中⽌されたが、デビッド・ペンツは今でもその案に執着している。

  • ウォルフガング・エームケ

    ウォルフガング・エームケ

    Wolfgang Ehmke

    ドイツ・ニーダーザクセン州ゴアレーベンの市⺠運動のスポークスマン。
    過去35年の間、ゴアレーベンに⾼レベル放射性廃棄物の処分場を建設する計画の阻⽌に成功している。環境保護活動家は、ゴアレーベンにはガスと地下⽔が存在するため処分場に適していないと考えている。彼はゴアレーベンへの廃棄物の輸送に対する市⺠の⼤規模な抗議活動が「放射性廃棄物の処分政策の失敗を象徴している」と考えている。

  • ウェンデル・ウィアート

    ウェンデル・ウィアート

    Wendell Weart

    地球物理学者。世界初の地層処分場である核廃棄物隔離試験施設(WIPP)のマネージャー。
    WIPPはニューメキシコ州カールズバッドにあり、1999年にTRU廃棄物の処分場として操業した。ユッカマウンテン計画の中⽌を受けて、アメリカでは国内の⾼レベル放射性廃棄物をすべてカールズバッドで処分することが検討されている。

  • ボブ・フォレスト

    ボブ・フォレスト

    Bob Forrest

    アメリカ・ニューメキシコ州カールズバッド元市⻑。
    彼のおかげでウェンデル・ウィアートはWIPPを建設することができた。その代わりに市は多額の補償⾦を受け取った。彼はユッカマウンテン計画の失敗はカールズバッドへの神の恵みであるとみなしており、彼の市がアメリカ中の⾼レベル放射性廃棄物の処分場になることを望んでいる。

  • ヤコブ・スパンゲンベリ

    ヤコブ・スパンゲンベリ

    Jacob Spangenberg

    フォルスマルク原⼦⼒発電所があるスウェーデン・エストハンマル市⻑。
    市は⾼レベル放射性廃棄物の処分場の建設地に⽴候補した。2011年、放射性廃棄物の処分組織であるSKBはエストハンマルに⾼レベル放射性廃棄物処分場を建設することを申請した。外部の専⾨家が廃棄物を10万年間安全に保管できると認めれば、エストハンマルは世界初の⾼レベル放射性廃棄物処分場となる。

  • ヨハン・スバーン

    ヨハン・スバーン

    Johan Swahn

    スウェーデンのNGO放射性廃棄物管理監視機関(MKG)ディレクター。スウェーデンが35年間続けてきた⾼レベル放射性廃棄物処理⽅法に批判的である。その⽅法とは、⾼レベル放射性廃棄物を銅製の容器に⼊れ、地下500メートルの⽔を通す花崗岩に埋めるというものである。

  • ジュ・ワン

    ジュ・ワン

    Ju Wang

    中華⼈⺠共和国の⾼レベル放射性廃棄物処理計画代表。
    中国の⾼レベル放射性廃棄物の処分場を建設するためにゴビ砂漠でふさわしい場所を探している。中国は2020年までに40基の原⼦炉を稼働させ、さらに18基の建設を始める予定である。候補地では地盤の適性を調査するため約20か所でボーリング調査が⾏われた。

スタッフ

エドガー・ハーゲン監督

監督:エドガー・ハーゲンEdgar Hagen

1958年スイス・バーゼル⽣まれ。バーゼル⼤学とベルリン⾃由⼤学で哲学、ドイツ語、ドイツ⽂学を学ぶ。1987年に⽂学修⼠号取得。数年間、記者およびドラマトゥルク(アートマネージャー)として働いたあと、1989年よりフリーのフィルムメーカーとしての活動を始める。2000年には映画とドキュメンタリーのシナリオ・構成についての講義を始める。2010年より2018年までスイス・フィルムメーカー協会(ARF/FDS)の理事を務め、2013年にはFOCAL(映画・視聴覚メディアのプロ向けの教育財団)のドキュメンタリー映画監督部⾨の代表に就任。2016年には⾃らの制作会社Vollbild Filmを⽴ち上げる。バーゼル在住。

フィルモグラフィー

  1. 2019年 “Who Are We?”
  2. 2013年 『地球で最も安全な場所を探して』
  3. 2007年 “Someone Beside You”
  4. 2001年 “Zeit der Titanen / Les Années des Titans”
  5. 1998年 “Dorothea Buck – VomWahnzum Sinn”
  6. 1996年 “Markus Jura Suisse – Der verloreneSohn / Le filsprodigue”
  7. 1994年 “GewitterimGehirn”
  8. 1993年 “Faxenmacher”
  9. 1991年 “KleineLieben”
  • 撮影:ペーター・インデルガンド
  • 録⾳:ジャン・ピエール・ジェス
  • 編集:ポール・マイケル・セドラセック、エドガー・ハーゲン
  • ⾳楽:トメク・コルチンスキー
  • プロデュ―サ―:ヘリクリ・バンディ
  • 製作:ミラ・フィルム
  • 後援:在⽇スイス⼤使館
  • ⽇本語字幕:平井かおり
  • 予告編制作:株式会社ネツゲン
  • 宣伝美術:追川恵⼦
  • 配給:きろくびと
  • スイス/2013年/英語•ドイツ語•中国語•⽇本語/カラー/DCP/100分
  • 英題:Journey to the safest Place on Earth

上映情報

映画館

都道府県 劇場名 公開日 電話番号
北海道
北海道 シアターキノ 3/13(土)〜 011-231-9355
北海道 シネマ・トーラス 3月 0144-37-8182
東北
青森県 シネマディクト 3/20(土祝)〜 017-722-2068
岩手県 一関シネプラザ 3月 0191-23-2902
宮城県 チネ・ラヴィータ 3/12(金)〜 022-299-5555
福島県 フォーラム福島 3/12(金)〜 024-533-1717/1515
山形県 フォーラム山形 順次 023-632-3220
関東
東京都 シアター・イメージフォーラム 2/20(土)~ 03-5766-0114
神奈川県 シネマ・ジャック&ベティ 3/6(土)〜 045-243-9800
神奈川県 あつぎのえいがかんkiki 3/7(日)〜 046-240-0600
群馬県 前橋シネマハウス 3/13(土)~3/26(金) 027-212-9127
甲信越
長野県 長野相生座・ロキシー1•2 3/13(土)~ 026-232-3016
長野県 上田映劇 3/13(土)~ 0268-22-0269
長野県 松本CINEMAセレクト 3月 0263-98-4928
東海
愛知県 名古屋シネマテーク 3月 052-733-3959
近畿
京都府 京都シネマ 2/26(金)〜 075-353-4723
大阪府 第七藝術劇場 2/27(土)〜 06-6302-2073
兵庫県 元町映画館 順次 078-366-2636
中国・四国
広島県 横川シネマ 4月 082-231-1001
愛媛県 シネマルナティック 3月以降 089-933-9240
九州・沖縄
福岡県 KBCシネマ 3月 092-751-4268
佐賀県 シアターシエマ 3/5(金)〜 0952-27-5116
鹿児島県 ガーデンズシネマ 4月以降 099-222-8746