Go To Online Docs

新型コロナウイルス感染者数が緊急事態宣言解除後も再び増加傾向にあり、映画館では座席スペースを確保しながらの営業をしているものの、シニア層を中心に依然新型コロナウイルス感染への懸念があり、医療・福祉関係従事者なども含め映画館に足を運んで映画を見ることが難しい状況が続いています。
7月22日から始まったGo To トラベルキャンペーンも感染者数の再増加で都民は対象外となるなど、引き続き自宅で過ごす方も少なくないことから、年内にかけて当方の配給作品および関連トークイベントを一定期間自宅などで気軽に視聴いただけるよう「Go To Online Docs@きろくびと」と銘打った配信企画を急遽立ち上げることとしました。いずれも小規模での公開作品でしたが、新作も含めコロナ禍において示唆に富んだ作品ですので、ぜひこの機会にご覧いただければ幸いです。

配信作品・
スケジュール

  1. 第一弾

    お百姓さんになりたい

    2020年7月24日(金祝)〜9月30日(水)

    『お百姓さんになりたい』

    原村政樹監督/2019年/日本/104分

    28歳の時に東京から埼玉県三芳町に移り住み、新規就農した明石農園の明石誠一さんは有機農法からスタートし、現在は肥料さえも使わない自然栽培に取り組んでいる。パティシエやカメラマンなどさまざまな経歴を持った研修生、障がいを持つ人たち、農業体験イベントに参加する家族たちなど明石農園に集う人々を通して、効率重視の現代社会に「農」の価値を問いかける。

    バリアフリー版日本語字幕・音声ガイド付きでの視聴可

    オンラインスペシャルトークライブ開催
    7/31(金)
    明石誠一さん(明石農園代表/本作出演)、中村明珍さん(農家/僧侶・銀杏BOYZ元ギタリスト)、安孫子真哉さん(吉里吉里農園共同経営者、GOING STEADY・銀杏BOYZ 元ベーシスト)
    8/30(日)
    明石誠一さん、関根健一さん(GeeDesign代表/本作出演)、島田智行さん(ソラシドスクール主宰)
    9月中旬
    原村政樹監督、山田正彦さん(弁護士/元農林水産大臣) 予定

    本編視聴・トークライブ
    申し込みはこちら 

  2. 第二弾

    バナナの逆襲

    2020年9月1日(火)〜10月31日(土)

    『バナナの逆襲 第1話・第2話』

    フレドリック・ゲルテン監督/スウェーデン/【第1話】2009年/87分【第2話】2011年/87分

    【第1話】ニカラグアのバナナ農園で働く12人の労働者が、使用禁止農薬による被害を受けた、アメリカの巨大企業に対する訴訟を起こす。大企業相手に負けは必至と思われた裁判だったが、労働者たちの弁護を請け負ったホアン・ドミンゲス弁護士は、思いがけない戦法で裁判に挑む。

    【第2話】バナナ農園での農薬被害をめぐる裁判を描いた新作ドキュメンタリー映画(第1話)が、ロサンゼルス国際映画祭でプレミア上映されることになり、意気揚々と渡米したゲルテン監督。しかし、映画の中で労働者たちに訴えられたアメリカ企業が、映画祭に上映中止を要求。企業側は様々な妨害工作を仕掛け、ゲルテン監督も訴えられてしまうことに。

  3. 第三弾

    南の島の大統領

    2020年10月1日(木)〜11月30日(月)

    『南の島の大統領ー沈みゆくモルディブー』

    ジョン・シェンク監督/2011年/米国/101分

    世界有数のリゾート地でありながら水没の危機に直面しているインド洋の島国モルディブ。同国では2008年、数十年に渡る独裁政治に終止符が打たれ民主主義政権が誕生。若きモハメド・ナシードは大統領に就任後、緊急課題である水没危機を世界に向けて訴えはじめるが・・・。英国の人気ロックバンド、レディオヘッドが音楽を担当。

  4. 第四弾新作

    ourney To The Safest Place On Earth

    2020年11月1日(日)〜12月31日(木)

    『Journey To The Safest Place On Earth』

    エドガー・ハーゲン/2013年/スイス/100分

    この60 年間で、高レベル核廃棄物35万トン以上が世界で蓄積された。しかし、数千年にわたって保管可能な貯蔵施設がまだ作られていないにも関わらず、核廃棄物は増え続けている。スイスの核物理学者で国際的に廃棄物貯蔵問題でも名を知られているチャールズ・モカンビーが、世界各国におけるこの問題を解決するため、地球上で最も安全な場所を見つける旅に出かける-。日本国内初上映。

配信料金

上映1作品
1,000円(24時間視聴可能)
トークイベント1回
1,000円(作品視聴者は無料、2回目以降は一律500円)

お問い合わせ

きろくびと Email: info@kiroku-bito.com