ストーリー

映画人の表現の自由は守られるのか?
					弁護士は巨大企業の圧力に屈してしまうのか? 映画人の表現の自由は守られるのか?
					弁護士は巨大企業の圧力に屈してしまうのか?

バナナ農園での農薬被害をめぐる世紀の裁判が、映画界も巻き込み大騒動に発展! 2009年、スウェーデン人映画監督フレドリック・ゲルテンがある多国籍企業に提訴された。中米ニカラグアのバナナ農園で農薬被害に苦しむ労働者が起こした裁判を追った、彼の新作ドキュメンタリー映画がロサンゼルス映画祭でプレミア上映されようとしていた時だった……。なぜ監督は訴えられたのか?超巨大企業は何を隠そうとしているのか?果たして映画は上映されるのか?

本作はスウェーデンのジャーナリストでもあるフレドリック・ゲルテンが2009年に制作した"Bananas!*"(第2話)と2011年制作の"Big Boys Gone Bananas!*"(第1話)の2作品で構成されている。日本においても、メディア界の自主規制やTPP問題が話題になっている今、あるバナナ農園の労働者を描いた映画とその上映をめぐるこの2作品は、多国籍企業のビジネス戦略や表現の自由、そして世界のいびつな構造について、さまざまな問題を投げかけている。

第1話 ゲルテン監督、訴えられる
Big Boys Gone Bananas!*

バナナ農園での農薬被害をめぐる裁判を描いた新作ドキュメンタリー映画が、ロサンゼルス国際映画祭でプレミア上映されることが決まり、意気揚々とアメリカに乗り込んだゲルテン監督。しかし上映直前、企業側はなんと映画祭に上映中止を要求し、監督を訴える。われわれの想像を超える過激な妨害工作と、そこから見えてくるアメリカのメディアの暗部。果たして映画は無事に上映されるのか?(2009年/87分)

 

2012年 ミラノ国際映画祭最優秀ドキュメンタリー賞

2012年 ワン・ワールド映画祭観客賞

2012年 サンダンス映画祭正式出品

2011年 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭正式出品など

第1話 ゲルテン監督、訴えられる
第2話 敏腕?弁護士ドミンゲス、現る
Bananas!*

中米ニカラグアの12人のバナナ労働者が、使用禁止農薬による被害を訴え、米国の超巨大企業に対する訴訟を起こした。あまりにも強大な企業の力を前に、勝ち目はないと思われたが、裁判を請け負ったヒスパニック系弁護士ホアン・ドミンゲスは画期的な闘いを挑む!多国籍化する食料生産システムの闇だけでなく、TPP問題やグローバリズムといった世界のいびつな構造を描き出す、サスペンス・ドキュメンタリー。(2009年/87分)

 

2010年 ベルリン国際映画祭正式出品

2010年 二ヨン国際ドキュメンタリー映画祭正式出品

2009年 アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭正式出品

2009年 ロサンゼルス映画祭コンペティション正式出品?

第2話 敏腕?弁護士ドミンゲス、現る